花と日の出と四万十川の写真blog

四国は高知県四万十川の自然や観光情報を、花の写真、日の出の写真、四万十川の写真によるデータベースをめざすブログです。
旅館・ホテル宿泊案内

東福寺の紅葉

メタセコイア並木からの連絡がどうにか京都東福寺の拝観時間に間に合ってまわっています。

時間が遅くなったせいか人出も思っていたほどでなく境内はゆっくり散策できます。

東福寺の紅葉

東福寺の紅葉

東福寺の紅葉

東福寺の紅葉

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新は、1月4日の予定です。

[ 2019/12/12 15:24 ] 県外の花 ・ 冬 | TB(-) | CM(-) 記事編集

メタセコイア並木の紅葉 (滋賀県)

前週に続き大阪での用事が急遽入り、そのひと段落後に一日紅葉の見頃の所をまわっています。

京都の東福寺の紅葉をゆっくり見に行こうと思っていたら、天気予報では、
マキノ高原 メタセコイア並木に着く時間帯が小雨でそれ以降は曇りだったので出かけています。
天気予報通り小雨や雲の隙間から陽が差したりの天気でしたが、小雨覚悟で来たかいがあります。

町内周回バスの便が少ないのと、バスに乗る方が多いので列車で来る方は注意が必要です。

メタセコイア並木の紅葉 (滋賀県)

メタセコイア並木の紅葉 (滋賀県)

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新は、12月26日の予定です。

[ 2019/12/08 08:00 ] 県外の花 ・ 冬 | TB(-) | CM(-) 記事編集

原種シクラメン 六甲高山植物園

六甲高山植物園の今シーズンの営業は11/24 (日) を持ちまして冬季休園に入っています。
有馬温泉ロープウェイからの紅葉も見頃ということで、今回は六甲高山植物園は途中下車です。

「原種シクラメンとダイヤモンドリリー展」が開かれていたので原種シクラメンを紹介です。

・ 原種シクラメン サクラソウ科 シクラメン属 2019.11.20 撮影 - 六甲高山植物園。

原種シクラメン

・ 原種シクラメンの茎は、種が熟すときに茎がくるくると巻きます。
  ( これは園芸種では見られないそうです。)

原種シクラメン

・ シクラメン ヘデリフォリウム。

シクラメン ヘデリフォリウム

・ シクラメン シリシウム。

シクラメン シリシウム

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

[ 2019/11/29 10:33 ] 県外の花 ・ 秋 | TB(-) | CM(-) 記事編集

永観堂と瑞宝寺公園の紅葉

大阪での用事の合間に、紅葉の見頃の所をまわっています。

京都での最近は、京都府立植物園オンリーだったのですが、パターンを変えて、
この春は京都の相国寺で、「鳴き龍」と呼ばれる龍の天井画の特別拝観に続いてのお寺めぐりです。

「秋はもみじの永観堂」 と親しまれている紅葉の名所が見頃なので出かけています。
「みかえり阿弥陀如来」 でも知られており、正式名称は禅林寺です。

永観堂の紅葉


今回初めて六甲有馬ロープウェイからの有馬温泉入りです。
有馬温泉郷にある瑞宝寺公園の紅葉も今が見頃ということで急坂をやっと上っての散策です。

瑞宝寺公園の紅葉

瑞宝寺公園の紅葉

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新は、12月24日の予定です。

[ 2019/11/26 08:23 ] 県外の花 ・ 秋 | TB(-) | CM(-) 記事編集

2019年11月 日の出風景 (2)

今月は11月1日~3日に続いて、5日~7日 と3連続2回 (4連続は持ち越し) の「だるま朝日」です。

釣り人がいないのと、水平線に雲がないのて3日間連続同じような写真のために1枚だけアップです。

秋分の日と春分の日の 「日や時間」 が変わると、
場所によっては撮影ポイントが同じ日でも最大十数歩変わる日もあります。

釣り人がいなくても、ヨットやウミウ等なにが撮れるかわからないので、
来年以降の撮影ポイントの再確認も兼ねての撮影になります。

本日10日から10日程、双名島堤防の連絡道に入るために、「だるま朝日」が撮影できない日が続きます。

だるま朝日 2019/11/07

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2019年12月8日の予定です。

[ 2019/11/10 07:51 ] 日の出 写真 11月 | TB(-) | CM(-) 記事編集

2019年11月 日の出風景 (1)

今シーズン初めての双名島堤防からの「だるま朝日」の紹介です。

日の出時間の少し前に渡船が近づいてきて釣り人を二人あげたので、
竿の準備ができる事を祈りながら双名島堤防に降りています。

だるま朝日が上がっている時にギリギリ間に合っています。
ただ、もうひとりが磯の向こう側にいるので、45度に上がるだるま朝日の位置を決めかねての撮影です。

イカ釣りに来てた方に聞いたのですが、小草や新港より双名島堤防からが大きいイカが釣れるそうです。

だるま朝日 2019/11/01

だるま朝日 2019/11/01

双名島、ヒソ、双名島と移動するも釣り人がおらず、双名島に戻ったときにちょうど日の出時間です。
降りる時間もないので、双名島道路上から連日の「だるま朝日」を撮影です。
雲がちょうどフィルターの代わりになって真っ赤な「だるま朝日」です。

だるま朝日 2019/11/02

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2019年12月2日の予定です。

[ 2019/11/04 07:51 ] 日の出 写真 11月 | TB(-) | CM(-) 記事編集

2019年10月 日の出風景 (2)

マルバエに釣り人がいないなか、今シーズン初めての双名島堤防です。
日の出の場所の確認と渡船が来ればとの期待で降りたのですが空振りです。

日の出のタイミングで漁船がマルバエの少し沖を通ったのですが、水平線に雲が出てきて残念です。

イカ釣りに来てた方に聞いたのですが、小草や新港より双名島堤防からが大きいイカが釣れるそうです。

日の出写真 2019/10/30

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2019年11月28日の予定です。
2. 海岸線旧道の通行止めが続いています。今年もコンクリートブロックで完全にふさいでいます。

[ 2019/10/31 14:53 ] 日の出 写真 10月 | TB(-) | CM(-) 記事編集

2019年10月 日の出風景 (1)

10月1回目の日の出風景です。

双名島からの日の出シーズンが始まっているのですが、マルバエに釣り人がいない日が続いています。
もう少し寒くならないとダメかなと思いながらも、
ここ数年はシーズン中にも釣り人がいない日が多くなっています。

今回はマルバエに渡船が寄らずにヒソの方に向かったので、
先回りして釣り人が磯に上がるところをと思ってカメラを構えて待っていたのですが、
渡船が来ずに空振りです。

日の出写真 2019/10/20

だるま朝日が今年も昨年に続いてよく出ているのに、マルバエに釣り人がいないので
双名島堤防に降りての「だるま朝日」の写真はまだまだ先になりそうです。

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2019年11月20日の予定です。
2. 海岸線旧道の通行止めが続いています。今年もコンクリートブロックで完全にふさいでいます。

[ 2019/10/24 16:06 ] 日の出 写真 10月 | TB(-) | CM(-) 記事編集

シロバナハマアザミ ( 白花浜薊 )

日の出は天候と釣り人に左右されるために、予備として牧野植物園で初めて見た花を撮ってきています。
高知県内に咲いている花を自然に観察できる 「土佐の植物生態園」 から海岸に咲く花を紹介です。

・ シロバナハマアザミ ( 白花浜薊 ) キク科 アザミ属 6月~12月。 多年草。
 分布 本州 (伊豆七島・伊豆半島以西) ・四国・九州。 生育地 海岸の砂地。
 ハマアザミの白花品種。2019.10.05 撮影 - 牧野植物園。

シロバナハマアザミ ( 白花浜薊 )

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新は、11月12日の予定です。

[ 2019/10/16 16:14 ] 牧野植物園 他県内 ・ 秋 | TB(-) | CM(-) 記事編集

ハナカズラ ( 花鬘 )

9月下旬に、「絶滅危惧 ハナカズラ」 見頃は10月上旬までという新聞記事が載っていたので、
5日に高知市での用事が済んだ後、午後3時過ぎに牧野植物園に寄り道です。

・ ハナカズラ ( 花鬘 ) キンポウゲ科 トリカブト属 9月~11月。 つる性の疑似一年草。
 分布 九州。 生育地 丘陵地の草原や明るい林内。
 2019.10.05 撮影 - 牧野植物園。

ハナカズラ ( 花鬘 )

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新は、11月8日の予定です。

[ 2019/10/08 07:54 ] 牧野植物園 他県内 ・ 秋 | TB(-) | CM(-) 記事編集
カレンダー(月別)

11 ≪ 2019/12 ≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
ブログ内検索
Tree-CATEGORY
プロフィール


Author : reisan1


連絡先 メールフォーム

プライバシーポリシー

管理画面  2006-2019