花と日の出と四万十川の写真blog

四国は高知県四万十川の自然や観光情報を、花の写真、日の出の写真、四万十川の写真によるデータベースをめざすブログです。
旅館・ホテル宿泊案内

牧野植物園 夏の花 (4) 2022年

今回は回廊から中庭にかけての紹介です。

スイカズラ ( 吸葛 ) スイカズラ科 スイカズラ属

スイカズラ ( 吸葛 )

シタキソウ ( 舌切草 ) ガガイモ科 シタキソウ属

シタキソウ ( 舌切草 )

アリマウマノスズクサ ( 有馬馬の鈴草 ) ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ属

アリマウマノスズクサ ( 有馬馬の鈴草 )

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2022年7月2日の予定です。

[ 2022/06/25 05:32 ] 牧野植物園 他県内 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集

牧野植物園 夏の花 (3) 2022年

今回も半周コースで正門から順番に紹介です。

ヤマワキオゴケ ( 山脇おごけ ) ガガイモ科 カモメヅル属

ヤマワキオゴケ ( 山脇おごけ )

サカワサイシン ( 佐川細辛 ) ウマノスズクサ科 カンアオイ属

サカワサイシン ( 佐川細辛 )

クマシデ ( 熊四手 ) カバノキ科 クマシデ属

クマシデ ( 熊四手 )

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2022年6月25日の予定です。

[ 2022/06/18 14:10 ] 牧野植物園 他県内 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集

牧野植物園 夏の花 (2) 2022年

牧野植物園から前回に続いて、夏の初めての花の紹介です。

マイコアジサイ ( 舞子紫陽花 ) ユキノシタ科 アジサイ属

牧野植物園の植物名ラベルには、
「 本州 ( 福島県以南の太平洋側 ) ・四国・九州、朝鮮半島に分布するヤマアジサイの品種で、
   テマリ咲きになり、茎や葉が細く小さくなるのが特徴。
  枝先だけでなく側枝にも淡青色の花をつける。
  京都大学の村田源が京都醍醐山水晶谷で発見したのが最初で、のちに同大学の北村史郎が
   学名を記載した。
  現在流通しているものは三重大学演習林で再発見されたもの。
  開花期 5月。 」
と記載されています。

マイコアジサイ ( 舞子紫陽花 )

ヨウラクラン ( 瓔珞蘭 ) ラン科 ヨウラクラン属

牧野植物園の植物名ラベルには、
「 本州 ( 宮城県以南 ) ・四国・九州・琉球、朝鮮半島 ( 済州島 ) 、台湾、中国 ( 福建省 ) に分布し、
   暖温帯~亜熱帯の樹幹や岩上に着生する多年草。
  4~6月、茎頂に長さ2~8cmの花序をつけ、淡黄褐色の花を多数密に輪生する。
  和名は垂れる花序を瓔珞 ( ようらく=仏様や本堂の天井からぶら下がる装飾品 ) に例えている。
  牧野富太郎は1891年、「 日本植物誌図篇 」 第1巻第7集第41図版に見事な植物図を掲載し、
   学名を組み替えて発表した。 」
と記載されています。

ヨウラクラン ( 瓔珞蘭 )

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2022年6月18日の予定です。

[ 2022/06/11 11:26 ] 牧野植物園 他県内 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集

牧野植物園 夏の花 (1) 2022年

自宅の庭に紹介するような花が咲いていないので、困ったときの牧野植物園頼みです。

初めての花から紹介です。

オオコマユミ ( 大小真弓 ) ニシシギ科 ニシシギ属

牧野植物園の植物名ラベルには、
「 ニシキギの変種とされ、葉はより広く大型で枝の翼にはニシキギ同様の変異がある。
  蛇紋岩地に多い。 」
と記載されています。

オオコマユミ ( 大小真弓 )

ヒイラギズイナ ( 柊随菜 ) ズイナ科 ズイナ属

牧野植物園の植物名ラベルには、
「 琉球、台湾に分布。
  台湾では北部の低~中標高で見られる。 」
と記載されています。

ヒイラギズイナ ( 柊随菜 )

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2022年6月11日の予定です。

[ 2022/06/04 07:46 ] 牧野植物園 他県内 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集

ぶしゅかん

出かける暇もないので初めての花として、「ぶしゅかん」の花が咲いていたので紹介です。

高知県西部の太平洋沿岸にしか育たない見た目はスダチに似た緑色の小さな丸いミカンがなります。
ぶしゅかんはユズやミカンの仲間で、酢ミカンの一種です。
ぶしゅかん ( ミカン ) は昨年9月にブログで紹介しています。

ぶしゅかん

ぶしゅかん

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2022年6月11日の予定です。

[ 2022/05/11 08:47 ] 四万十川の花 ・ 春 | TB(-) | CM(-) 記事編集

ツツジ 久礼長沢川 2022

すぐに済むと思っていた用事が長引いて、訪問もできない日々が続いています。まだ少しかかりそうです。

用事の前日に撮った久礼の長沢川沿いのツツジです。これまでに色々な風景を紹介しています。
今回は、たまたま散歩中に田んぼに水がはってあったので、この風景を紹介です。
4/28現在、花は終わっています。

ツツジ ( 躑躅 ) ツツジ科 ツツジ属

ツツジ ( 躑躅 )

こちらは、最長距離の散歩ルートに、シャガの群生が初めて見るくらいの規模で咲いています。
カメラに収まらないくらいだと何の花を紹介しているかわかりませんが、紹介です。

シャガ ( 射干 ) アヤメ科 アヤメ属

シャガ ( 射干 )

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2022年5月29日の予定です。
2. 訪問はしばらく先になります。

[ 2022/04/29 11:08 ] 四万十川の花 ・ 春 | TB(-) | CM(-) 記事編集

レンゲソウ ( 蓮華草 )  他

黄色のアンパンマン列車を初めて見かけたので、蓮華の花と一緒にアップです。

最近はアンパンマン列車を見かけないと思っていたら、
高知~中村間は以前のように、3、4両編成のアンパンマン列車を含めてほとんど走っていないそうです。
たまたま散歩の時間がずれて前日に見かけたので、最近は珍しくレンゲの多い田んぼからの撮影です。

レンゲソウ ( 蓮華草 ) マメ科 ゲンゲ属

レンゲソウ ( 蓮華草 )

イワギリソウ が自宅の庭に、この他にもたくさん咲いていたので一緒に紹介です。
花のラベルがあれば花の名前を探す必要がないので助かります。

イワギリソウ ( 岩桐草 ) イワタバコ科 イワギリソウ属

イワギリソウ ( 岩桐草 )

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2022年5月16日の予定です。

[ 2022/04/16 09:05 ] 四万十川の花 ・ 春 | TB(-) | CM(-) 記事編集

シラユキゲシ ( 白雪芥子 )

写真も無いので、また牧野と思いながら、自宅の庭にどこかで見た記憶がある花が咲いていたので撮影です。

花のラベルもないので、3年位前まで立ち上げていた私個人の図鑑「高知四万十川 花の写真」で検索です。
花の名前を何回も聞かないように、季節別、色別、50音順で調べれるように1500種位載せています。

花の名前がわかった後、持っている野草の図鑑10冊位を見ても花の名前が載っていないので、
牧野植物園のNさんに花の名前を教えてもらっているようです。
シラユキゲシ ( 白雪芥子 )は、2006年に自宅、2010年に牧野植物園で撮影しています。

シラユキゲシ ( 白雪芥子 ) ケシ科 シラユキゲシ属

シラユキゲシ ( 白雪芥子 )

もう1種、名前のわからない花があったので、
検索した結果、2009年.2011年に牧野植物園で撮っています。

ヒメリュウキンカ ( 姫立金花 ) ( キンポウゲ科 キンポウゲ属 )
メモ欄には品種改良によって大きさや咲き方の違う多くの品種があるようです。と書いています。

こちらは持っている野草の図鑑1冊だけに名前があったのですが、花の感じは全然別物です。
群生しているところがあると教えてもらい連れて行ってもらったのですが、
一輪だけで、来年散歩の途中に覚えていれば寄り道です。


関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2022年5月8日の予定です。

[ 2022/04/08 06:27 ] 四万十川の花 ・ 春 | TB(-) | CM(-) 記事編集

2022年3月 日の出風景 (1)

土曜日は久礼湾堤防に人が多いと思い出かけたのですが残念ながらカラブリです。
右側の島とその右横の岩との間の何もないところに「だるま朝日」が出る場所で待機です。
今日は雲が厚くてダメでしたが、こんな日に出れば真っ赤な「だるま朝日」が見えます。

今シーズンは双名島が一方向通行止めになっていたので、今年10月~3月に仕切り直しです。
二つ並んだ島の堤防上を右端から左端位まで移動した後、右端まで朝日を求めて戻ってきます。

朝日はまっすぐに上がっているみたいですが、
双名島の沖にあるマルバエからだと最初45度60度90度と変化して上がっていくのがわかります。
初めての方にお見せしたかったのですが秋まで持ち越しです。

日の出風景 2022/03/12

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2022年4月15日の予定です。

[ 2022/03/15 08:59 ] 日の出 写真  3月 | TB(-) | CM(-) 記事編集

2022年2月 日の出風景 (1)

あと少しとなった双名島堤防からのだるま朝日の撮影チャンスです。

雲が厚くて残念ながらだるま朝日は出なかったのですが、
渡船が渡すものがあったのか、しばらくしてからマルバエに引き返してきたので少しは絵になります。

日の出風景 2022/02/25

川煙 (朝霧) があまり発達せずにマルバエに流れてきています。駐車スペースからの撮影です。

日の出風景 2022/02/25

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新日は、2022年3月28日の予定です。
2. 双名島ルートは通行止めが解除されています。海岸線旧道はまだ通行止めが続いています。

[ 2022/02/28 07:36 ] 日の出 写真  2月 | TB(-) | CM(-) 記事編集
カレンダー(月別)

06 ≪ 2022/07 ≫ 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RSSフィード
ブログ内検索
Tree-CATEGORY
プロフィール


Author : reisan1


連絡先 メールフォーム

プライバシーポリシー

管理画面  2006-2019