花と日の出と四万十川の写真blog

四国は高知県四万十川の自然や観光情報を、花の写真、日の出の写真、四万十川の写真によるデータベースをめざすブログです。

オシロイバナ ( 白粉花 )

散歩中にオシロイバナの群生に出会ったので、どうにか牧野植物園のお世話にならずに済んでいます。

・オシロイバナ ( 白粉花 ) オシロイバナ科 オシロイバナ属 7月~10月。
 分布 日本全土 ( 帰化植物 )。 生育地 観賞用に栽培。道端など。
 2019.08.13 撮影 - 中土佐町久礼。

いろいろな色があるなかで黄色は以前撮っているので、次はまだ写真がない白色です。

オシロイバナ ( 白粉花 )

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新は、9月12日の予定です。

[ 2019/08/14 09:21 ] 四万十川の花 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集

サフランモドキ ( サフラン擬 )

今回も散歩中の花が続きます。

・サフランモドキ ( サフラン擬 ) ヒガンバナ科 ゼフィランサス属 6月~10月。
 分布 帰化植物 (観賞用の園芸種)。 生育地 人家周辺の道端、田畑のあぜ。
 2019.07 撮影 - 中土佐町久礼。

前日に、道端のすぐ横に3本集まって咲いてたので翌朝出かけたら
3本ともに萎れていて道端から離れたところに咲いていた花をアップです。

サフランモドキ ( サフラン擬 )

・ オニユリ ( 鬼百合 ) ユリ科 ユリ属 7月~8月 
 分布 北海道、本州、四国、九州。 生育地 道ばた、林の縁、野原など。 多年草。
 2019.07 撮影 - 中土佐町久礼。

前回のネムノキのすぐ横にオニユリの蕾がたくさんできていたので、
雨が上がってから一面の写真をと思っていたら、花は終わりかけで、少し残っているだけです。

オニユリ ( 鬼百合 )

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新は、8月20日の予定です。

[ 2019/07/22 09:39 ] 四万十川の花 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集

ネムノキ ( 合歓木 )

ここ数ケ月、毎月行きたい所があるのですが、天気と日程が合わなくて散歩中の花が続きます。

・ネムノキ ( 合歓木 ) マメ科 ネムノキ属 6月~7月。
 分布 本州、四国、九州、沖縄。 生育地 山野、川岸。 落葉高木。 2019.07 撮影 - 中土佐町久礼。

川岸の下から目の高さで手が届くところに咲いています。
この左に2月下旬から3月上旬にかけて咲く 「ツバキカンザクラ」 はすごくきれいです。

ネムノキ ( 合歓木 )

ネムノキ ( 合歓木 )

上のネムノキから見える国道の橋の横にこちらも手の届くところに一斉に咲くとすごくきれいです。

ネムノキ ( 合歓木 )

関連ページ
 四万十川ポータルサイト PC
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新は、8月8日の予定です。

[ 2019/07/10 06:20 ] 四万十川の花 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集

ユリズイセン ( 百合水仙 )

5年ぐらい前から散歩中に見かけるようになったユリズイセンがたくさん咲いていたので翌早朝に撮影です。

・ユリズイセン ( 百合水仙 ) ユリ科 アルストロメリア属 5月~6月。
 ブラジル北部原産。 生育地 草地、道端など。 多年草。 2019.06 撮影 - 中土佐町久礼。

ユリズイセン ( 百合水仙 )

ユリズイセンは園芸種アルストロメリアの仲間の原種にあたるそうです。

ユリズイセン ( 百合水仙 )

夜露が残ってきれいだったのに、思ったように撮れてなくて残念です。

ユリズイセン ( 百合水仙 )

関連ページ
 四万十川ポータルサイト PC
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新は、7月20日の予定です。

[ 2019/06/24 05:46 ] 四万十川の花 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集

トモエソウ ( 巴草 )

散歩中に川縁に咲いているたくさんのトモエソウが目についたのでアップです。

・ トモエソウ ( 巴草 ) オトギリソウ科 オトギリソウ属 7月~8月 黄色 5枚が巴形。
 分布 北海道、本州、四国、九州。 生育地 山野のよく日の当たる所。 多年草。
  2019.06 撮影 - 中土佐町久礼。

トモエソウ ( 巴草 )

花の直径が5cm前後の大きな花をつけ、雄しべが多数あってきれいです。

トモエソウ ( 巴草 )

花びらがねじれて巴形になるのはトモエソウだけだそうです。

トモエソウ ( 巴草 )

関連ページ
 四万十川ポータルサイト PC
 四万十川ポータルサイト

お知らせ
1. 次回更新は、7月12日の予定です。

[ 2019/06/16 07:50 ] 四万十川の花 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集

6月の花

記事がないので、散歩中に見つけた花で、今名前を探している花を紹介です。

田んぼのあぜ道で撮影。 2017.6 - 中土佐町久礼。

6月の花

園芸品種の種が飛んできたのか川原で撮影。 2017.6 - 中土佐町久礼。

6月の花

関連ページ
 四万十川ポータルサイト
 高知四万十川 花の写真

お知らせ
1.次回更新は間隔があいての7月24日の予定です。更新なしの訪問になりますのでスルーでOKです。

[ 2017/06/30 08:50 ] 四万十川の花 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集

ヒロハチシャノキ

推定樹齢770年の国指定天然記念物、「 ヒロハチシャノキ 」 の白い花が満開ということで出かけています。

2002年6月23日以来14年ぶりです。
この前年から見たいと思って、窪川方面に出かけるときは寄り道をしていたのですが、
花の期間がすごく短いことを2002年に確認したことを覚えています。

この時には分かれた大きな枝を大きな支柱で支えていたような記憶がありますが、
( その後の台風で大きな枝は折れたそうです。) 今は写真のような支えになっています。

四万十川沈下橋を探して、四万十川支流を回っているときに、このあたりも数回通っています。
沈下橋を探しているときには、祭りや花に興味が無く、
全沈下橋確認後、祭りや花を探して四万十川流域を再度まわっています。

ヒロハチシャノキ 2016.6.26 撮影。 四万十町魚の川

ヒロハチシャノキ

ヒロハチシャノキ

関連ページ
 高知四万十川 花の写真

お知らせ
1. 次回更新は、7月20日の予定です。今回も間隔が空きますのでこの頃にご訪問ください。

[ 2016/06/30 07:39 ] 四万十川の花 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集

ハンカイソウ ( 樊膾草 )

台風12号による大雨の中、高知市へは一昨日はどうにか行けたものの、
昨日は気象レーダーの赤や黄色がずっと地元の上空にかかったままの大雨で取りやめです。
高速の通行止め情報が、須崎まで順次延伸されたあと、
高知市全域に避難勧告が出たために出かけなくて正解です。

先月末に行った日本三大カルストのひとつ、四国カルストの天狗高原からハンカイソウの紹介です。

久しぶりに天狗高原 (標高1400m)を散策したのですが、他に咲いている花はすこしで9月以降がおすすめです。

ハンカイソウ ( 樊膾草 ) キク科 メタカラコウ属 6月~8月 7枚以上 2014.07.25 撮影 - 津野町天狗高原

ハンカイソウ ( 樊膾草 )

ハンカイソウ ( 樊膾草 )

ハンカイソウ ( 樊膾草 )

ハンカイソウ ( 樊膾草 )

四万十川ポータルサイト内 - 関連リンク

花の色から季節の花の名前がわかります。
        高知四万十川 花の写真 2014/08/04 現在 1138 種 2762 枚

[ 2014/08/04 08:46 ] 四万十川の花 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集

ヤナギバルイラソウ ( 柳葉ルイラ草 )

牧野植物園の7月の花を準備していたところ、
いつもの散歩ルートで初めての花 「ヤナギバルイラソウ」 が見つかりアップです。

いつも散歩している方が、名前は知らないけれどここ2、3年前から咲いているとの情報です。
マツバウンランの時も同様に最近見かけるようになったと教えてもらった記憶があります。
同じように散歩しているのになぜか数年遅れて初めての花に出合っています。

花の色からネットで検索ですが、花の写真からは名前不明で多くでてきます。
メキシコ原産の多年草。
草の名が付くが、常緑小低木で木の仲間。
細長い葉と紫色の花を咲かす一日花。
花弁には皺がみられる。
この柳葉ルイラ草の名前はどこかで見た記憶だけはあります。

ヤナギバルイラソウ ( 柳葉ルイラ草 ) キツネノゴマ科 ルイラソウ属 4月~10月 5枚 2014.07.20 撮影 - 中土佐町久礼

ヤナギバルイラソウ ( 柳葉ルイラ草 )

一日花ということで翌日も写真に撮っています。

ヤナギバルイラソウ ( 柳葉ルイラ草 ) キツネノゴマ科 ルイラソウ属 4月~10月 5枚 2014.07.21 撮影 - 中土佐町久礼

ヤナギバルイラソウ ( 柳葉ルイラ草 )

四万十川ポータルサイト内 - 関連リンク

花の色から季節の花の名前がわかります。
        高知四万十川 花の写真 2014/07/27 現在 1138 種 2762 枚

[ 2014/07/27 06:28 ] 四万十川の花 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集

ヒナキキョウソウ ( 雛桔梗草 )

いつもの散歩コースに初めて見る花が咲いています。
カメラを取りに戻って写しているとキキョウソウに似ています。

キキョウソウをネット検索すると、ヒナキキョウソウがでてきます。
この花も手持ちの図鑑にないために検索結果の撮影をかねて再度出かけて撮影です。

ヒナキキョウソウの検索結果です。
北アメリカ原産の帰化植物。
草地,道路わきなどに群生。
茎の最上部に淡青紫色の花を1つ咲かせる。花びら 5枚。
葉は卵形で浅い鋸歯があり、葉柄はなく互生している。
茎には短毛がある。茎を抱かない。
ヒナキキョウソウは種子がでる隙間は果実の上方にでき、キキョウソウは果実の中央にできる。
1年草。

ヒナキキョウソウ ( 雛桔梗草 ) キキョウ科 キキョウソウ属 5月~7月 5枚 2014.6.1 撮影 - 中土佐町久礼

ヒナキキョウソウ ( 雛桔梗草 )

ヒナキキョウソウ ( 雛桔梗草 )

ヒナキキョウソウ ( 雛桔梗草 )

ヒナキキョウソウ ( 雛桔梗草 )

ヒナキキョウソウ ( 雛桔梗草 )


四万十川ポータルサイト内 - 関連リンク

花の色から季節の花の名前がわかります。
        高知四万十川 花の写真 2014/06/21 現在 1131種 2746 枚

[ 2014/06/21 06:00 ] 四万十川の花 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集
カレンダー(月別)

07 ≪ 2019/08 ≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSフィード
ブログ内検索
Tree-CATEGORY
プロフィール


Author : reisan1


連絡先 メールフォーム

プライバシーポリシー

管理画面  2006-2019